読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『疾風ロンド』ぶっ飛び!!一気に100万部を突破した痛快エンタメ大作らしいので読んでみた

小説

飛行機乗り遅れる奴

 先日、東京へ出張に行った帰り、日帰りだったせいもあって異常に体が疲れており、気がつくと搭乗口付近で眠ってしまいました。そして、飛行機に乗り遅れるという大変にショッキングな出来事に見舞われました。時計を見ると出発時刻の5分後……よくよく確認すると全然違う搭乗口に居たし、正直なところ結構なショックを受けたのですが、航空会社の方に相談をしてみると便の変更手続きが出来ました。ありがたいことです。それまで飛行機の出発に乗り遅れる奴とか何考えてるんだろうとか思ってましたが、皆さん寝てしまっていたのではないかという推論に立つと、なるほどなるほどと感慨深いものもあります。本当に申し訳ございませんでした。もう飛行機乗り遅れる奴をバカにしません。

 さて、変更となった後の便は2時間後ということで、時間が出来てしまいました。やることもないですし、スマホの電池も落ちていたのでシャドウバースも出来ません。kindleも電池切れです。仕方がないので紙の本でも読もうと思いANA FESTAを覗いてみたのですが、あまり好みの本がありません。文庫本の並びも侍とか武士とかが活躍するものが多く、気分が乗りません。その中にあったのが『疾風ロンド』でした。東野圭吾氏の作品ですが、いきなり文庫ってことで、本屋さんに平積みされてたな……。厚さもそれなりで痛快エンタメ大作ということだったので選んでみました。

疾風ロンド (実業之日本社文庫)

疾風ロンド (実業之日本社文庫)

 

  あらすじ

  お金目当てで昔在籍していた研究所から超危険なウィルスを盗み出した悪い元研究員はそれを雪山に埋めた。春になればウィルスが入った容器が破裂し、社会で大問題になる仕組みだ。おそろしいおそろしい。「そんなことになったらヤバいだろ! 金を払え!」と元研究員は研究所のお偉いさんを脅して悦に入っていたが、美味しい物を食べようと思っていた所で事故死。なんとも残念、なんたる不幸な奴。だけどウィルスは雪の中にあってヤバいままなので、何とか探し出さなきゃならんと気合いを入れる研究所の偉い人。部下の研究員に「ウィルスが入った容器を探し出せたらお前を出世させたる」と甘い餌を垂らすことを忘れずに捜索を指示。目印はテディベア、少な過ぎる情報にガックリしながら研究員は息子と共にウィルス入り容器の行方を追い始める……。

エンタメであることは間違いない

 東野圭吾作品を読んだのはかなり久しぶりで『探偵ガリレオ』以来である。リーダビリティに優れているので相変わらず読みやすいが、問題の大きさと比べて登場人物がコミカル過ぎる気がした。嫌いじゃないけどライトな雰囲気だったので、重厚さはあまり感じられない。恐らく著者も意図的に、出来るだけライトな印象の読みやすいものを綴ろうとしたのだと思う。お話は分かりやすいので中高生にもオススメだ。冬の読書感想文にしようね。

 ストーリーはサクサク進んで行くが、いかんせん偶然に頼り過ぎている感があった。詰め将棋的なプロットというよりは、トランプゲーム的な、偶然の連続で何とか上手く解決して良かったねーと、いうような感じ。

 ただ、対象の層はサクッと本を読みたい人だと思うので、この作り方は間違っていないだろう。事実、私のように飛行機に乗り遅れて時間を潰したい人にはもってこいの作品だ。読後感も爽やかでオチも悪くなく、東野圭吾入門編としては良いのではないだろうか。

 本書の最後には東野圭吾氏による「自炊はダメだかんね!」という簡単なメッセージが載ってて、最近の東野圭吾作品には全部これが入ってるのかな? 電子書籍には好ましい印象を抱いていないことは知っていましたが、kindleユーザーとしては複雑な気持ちになりました。自炊は私もしませんが、電子書籍は出して欲しいのですが……。

映像化が進んでいます

 タイトルのキャッチーさと実際の物語のライトエンタメ感から、映像化の判断は間違いがないように思えます。主演が阿部寛ということで私も楽しみです。120分くらいで少し笑いを交えながら時にハラハラしつつ楽しめる作品になると良いなと。監督は『サラリーマンNEO』の吉田照幸ということで色々と盛り込んでいくのは間違いないでしょう。


『疾風ロンド』予告編

 

 次に飛行機に乗り遅れた時は『白銀ジャック』を読もうと思います。

白銀ジャック (実業之日本社文庫)

白銀ジャック (実業之日本社文庫)

 

 

はてなブログにはてなカウンターを貼り付ける方法

はてな

 

f:id:kikinight:20160224073325g:plain

はてなカウンターを利用しています

 はてなブログアクセス解析に、はてなのサービスである『はてなカウンター』を使用しています。はてなダイアリーの頃はブログパーツとしてサイドバーにカウンターの貼り付けを行ってました。昨日ふと「あ、このブログにもカウンターを貼っちゃおう」と思い立ったので、はてなカウンター内の貼り付けコードを確認しようとしたのですが、どれだけ探しても見付からなかったんですよね。なんでだろう? 私の環境の問題であれば、このブログ記事自体が無意味になってしまうのですが、とりあえずの顛末を記載したいと思います。

はてなカウンター内の設定を確認したところ……

 はてなダイアリーの頃と同様に、カウンター設定内の下部にある<貼り付け用タグ>を確認すると、はてなモジュール用のタグしか表示されないんですよね。てっきり、はてなブログでもはてなモジュールを問題なく利用できると思っていたのですが、デザイン設定でこちらのタグを貼り付けても反映がされませんでした。ちなみに、サイドバーのモジュール機能で<はてな記法>モードがあったので「これか!」と思ったのですが、それも違いました。結論としては、はてなブログには、はてなモジュールを貼り付けても反映がされないようです。

はてなブログは外部ブログ扱い?

 仕方がないので、ヘルプなどを確認してみたのですが、公式からは以下のお達しが。

はてなカウンターをご利用頂けるウェブページについて

はてなカウンターは、はてなのサービス内でははてなダイアリーはてなアンテナでご利用いただけます。また、はてな以外のウェブページであっても、JavaScriptが貼り付け可能なページであればご利用いただくことができます。

http://counter.hatena.ne.jp/help

はてな以外のサイトや、はてなの自分のアカウント以外に設置する場合は、「はてな以外のページに貼り付ける場合」の貼り付け用タグをお使いください。JavaScriptの動作が許可されていないサイトでは、カウンターの表示を画像に設定し、貼り付け用タグの"<noscript>"から"</noscript>"に挟まれている部分のみを貼り付けてください。 

http://counter.hatena.ne.jp/help

 このはてな以外のページに貼り付ける場合」の貼り付け用タグが、どこを見てもないんですよ。もしかしたら、見落としだったら本当に恐縮なのですが、私が調べた限りでは見付からなかった。おそらく、元々はカウンターの設定ページに<はてなダイアリー用のはてなモジュールタグ>と併設するかたちで掲載されていたのかも知れない。今となっては分からないが、何かの拍子に消えてしまったのかも……。運営側の問題ですね。はてなカウンターユーザーはあまりいないのでしょうか。

 あと本件を調べている時に、 Yahoo!知恵袋で同じ悩みを抱えている人がいて笑った。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

結局、自力で調べることに

 色々とググってみたのだけど、埒が明かないので自分の昔のブログのソースコードを調べ、応用するかたちで貼り付けることにした。過去に、はてなダイアリーはてなカウンターを貼り付けていた時は当然、はてなモジュールを使用していたわけだが、はてなモジュールはブログのデザイン設定では省略されたタグとして表記されるけど、実際のブログ画面上では省略されていないHTMLコードで書き出しが行なわれているはず……という推測が立ち、そうであればソースコードを覗けばはてなブログに応用出来るhtmlタグが見付かるかも知れないと思って辿ってみた。結果、ソースコードの中にはてなカウンター貼り付け部のhtmlタグが見付かったので、それを貼り付けてみることにした。

 ソースコードとしては以下のような感じ。 

<span class="hatena-counter"><script type="text/javascript"><!--
hatena_counter_name = "kikinight";
hatena_counter_id = "101";
hatena_counter_ref = document.referrer+"";
hatena_counter_screen = screen.width + "x" + screen.height+","+screen.colorDepth;
//--></script>
<script type="text/javascript" src="http://counter.hatena.ne.jp//js/counter.js"></script>
<noscript><img src="http://counter.hatena.ne.jp/kikinight/101" border="0" alt="counter"></noscript>
</span>

 上記の中で、kikinightの部分諸々は個人アカウントに紐付けて頂ければと思うが、そこを変えてしまえば、問題なくはてなカウンターとしてブログパーツが貼り付きます。

 解消してしまえば大したことはありませんが、知恵袋の方もそうであろうと同様に同じ悩みを抱いている方もいるかも知れない。

 はてな上場の素晴らしい日に、こんなエントリーも申し訳ないですが、誰かの欲求を満たすことが出来れば良いかなと思いました。

 右側のサイドバーの一番下に、今回の成果であるカウンターが貼り付けてありますので、ご確認を頂ければと存じます。

iTunes Matchに登録が完了しました!

音楽

f:id:kikinight:20160218043527p:plain

登録に2日間掛かりました

 先日の記事にも記載した通り、iTunes Matchの登録を進めていたが、私の場合は丸2日間掛かった。何度かパソコンの画面を開いて様子を見ていたが、もともとiTunes Storeに存在しない楽曲が2,700曲くらいあったみたいで、それのアップロードに多少の時間が掛かっていた様子。現在の私のライブラリの4分の1が比較的マイナーなものだったと*1

 ちなみに、アップロードが上手くいかなかったものは6曲で、いずれも無音が数秒のトラック。iTunes的には楽曲だと認識されなかったようだ*2。ただ、マッチングを行う前は、もっともっと無闇に、沢山そういう不都合のある楽曲が出てくると思ったので、その点は助かったと思う……助かったというか、良かったというか。

iTunes Matchを使用してみての雑感

 私がメインでiTunesに楽曲を取り込んでいるのがWindowsパソコンで、それが母艦となっている。そこに音源を入れると、少ししてiCloudにマッチ(もしくはアップロード)される。すると、手持ちの別のデバイスでもすぐに楽曲が聴ける。それぞれ、iPod touchMacbook Proだが、これがすごい手軽で驚いた。今までの苦労はなんだったのか!? というくらい。

 iPod touchは、これまでと異なり、有線での同期処理をしなくても、すぐにストリーミング再生が出来るようになった。ただ、私のtouchはWi-Fiのみ対応なので、そのまま外出先でストリーミング再生を楽しむわけにもいかない。当たり前だが、テザリングを使えば、えらい通信料が掛かってしまう。よって、自宅である程度の楽曲を端末にダウンロードして、その日に聴く音楽を決めてしまわなければならない……しかし、この<その日に聴く音楽を決める作業>というのは、高校生の頃くらいに学校へ持って行くMD数枚を決めるのに似たような、ワクワクが伴う作業なので、今後、有意義な楽しみとなりそうだ。それに、どーしても外で聴きたい曲があったら、Wi-Fiスポットを見付けるか、andoroidテザリングで対応が出来るので、無意味に通信料が発生する可能性も少ない。まあ、アルバム10枚くらいダウンロードしておけば、外で聴く分には数日くらい問題ない気もするが、誰かに何かの楽曲を紹介したい瞬間って、極稀にあるんだよね。

 他にも良い点はある。これまでiPod touch容量の関係上、128kbpsで取り込んでいたものが、ダウンロードだと256kbpsとなるのもポイントが高い。cloud storageの便利さを実感。正直、ポータブルアンプもないし良いヘッドフォンでもないのだが、128kbpsと256kbpsの違いはiPod音源であってもハイハットの音などで何となく目立ってしまうため、時たま「あーあ」という気分になっていたものだが、そんな悩みもなくなりそうだ。256kbpsであれば素人の私であれば、CDとそこまで品質の差異を感じることもなく、精神的な安定も得ることが出来る。これも良い効果だなと感じる。

 ちなみに、これまでiPod touchWindowsはUSBで同期を行っていたのだが、時折、再生不良となるトラックが存在した。アルバム13曲中で1曲だけ飛んだりして、これが非常にストレスだったのだが、それもなくなった。USBで同期処理を何度もやり直さなくてはならないこともなくなり、利便性が増した点は評価したい。

現状で気が付いた問題点?

 大きくは二つあるが、解決策をまだ調べてないので、そこまで大きな問題ではないかも知れない。

 ひとつめは、母艦以外の別デバイスでライブラリを見ている時に、アルバムアートワークが反映されないことがある。これはWindows側で楽曲取り込み〜アートワーク設定を行っているタイミング*3によるんじゃないかと推測されるが、別のデバイス側でiCloudミュージックライブラリデータを更新すれば解消するんじゃないかと思う。その都度、時間が掛かっても仕方がないので、定期的にライブラリデータの更新がないか、自動的に同期を取ってくれると助かるんだが。まあ、これはそこまで大きな問題でもなかろう。

 ふたつめは、誤って楽曲を消してしまった時の対処。つまり、iPod touchなどデバイス側の方で容量が多くなってきた時に楽曲削除を行うのだが、この際の選択肢がふたつある。「ダウンロードした楽曲を削除」と「マイミュージックから削除」。このうち、後者を選ぶと、すべてのデバイスから対象の楽曲が消えてしまうようだ。これは怖いよ。しかも、タイピングミスで押してしまいそうな位置にボタンがあるため、これがとても危険で、さっき早速間違って消してしまった。

 もし今後タイピングミスでマイミュージックからの削除をしてしまった場合、これを復帰させる方法があるのかは、今のうちに調べなくてはならないだろう。

結論として、iTunes Matchに登録して良かった

 これは現段階での感想だが、良かったと思います。

 今後、問題が出てきそうな気はしますが、現状は概ね満足しております。Apple Musicには登録する気はありませんが、このクオリティを維持してくれるなら継続して契約をしていきたい。しかし、Appleはこういったニッチなサービスを簡単に廃止したりするからな……それが少し気掛かりだが、それはその時に考えよう。

*1:やたらと「の」が多い文章で失礼。

*2:当然か。しかし、ジョン・ケージの『4:33』はどうなるんだろう?

*3:ライブラリのマッチング処理のタイミングにも付随。

iTunes Matchに登録中です

音楽

f:id:kikinight:20160215045044p:plain

iTunesライブラリ10,000曲越えのため

iTunes - iTunes Match - Apple(日本)

 前々から気にはなっていたのですが、今後のことも考えてiTunes Matchに登録することにしました。とは言っても、先ほど年間3,980円の契約を済ませたばかりで、まだまだマッチングに時間が掛かるようです。

 iTunes Matchって、情報を調べてみてもあまり目立ったものがないんですよね。良い評判と悪い評判、当然、どちらもあるのですが、その両極端な意見がそもそも少ししか見当たらない。語っているブログが少ない。登録している人はある程度はいるはずなのですが、不思議なものです。

 私がiTunes Matchで懸念しているのは、自分のライブラリの中のどれだけの曲がマッチングして別のデバイスで聴けるのか。他にも『重複問題』もありますし、不安はいっぱいです。まあ、やってみないと結果は分からないので、ちょっと挑戦してみてから、また感想を書きたいと思います。

デバイスについて

 私がApple社の商品で所持しているもの、そして現時点で現役のものはMacbook ProiPod touch 128GBです。これまでiPod classicオンリーで生きてきたのですが、先日、開発が打ち切られて泣く泣くtouchへ移行しました。そうしたら意外と使いやすくて良かった。私は携帯がandoroidなのでcloudの恩恵はそんなに受けられていないのですが、別々のOSは持っておきたいので、今後もこのスタイルは変わらないでしょう。

 ただ、先述したiTunes MatchをiPodの方で聴く時にテザリングを使わなきゃならない気がするので、そこの通信料だけ何とか上手いことやらないとなぁ、という感じです。よく聴く曲はダウンロードしちゃえば良いみたいなので、上手にやっていかなきゃと思います。

 マッチングがどれだけ掛かるのか。場合によっては3日間とか掛かった人もいるみたいですから、待ち遠しいところです。

人生の試練は戦うことだけじゃないということを教えてくれる『Dan The Man』

ゲーム 動画


Dan The Man Stage1

お姫様を救うのはゲームの基本

 ファミコンがバカ売れしたかの時代から、アクションゲームといえばお姫様を救出することが基本形だったのだけど、今でもそうなのだろうか。何故、姫という輩はこうも誘拐されやすいのか。アクションゲームで最も有名な『スーパーマリオブラザーズ』だって、ピーチ姫は毎回さらわれる。もう様式美なのかも知れない。クッパは見た目どんくさい感じがするのだけど(亀だけに)、しかし誘拐の成功率を見るとそうでもないらしい。もしくはよっぽどピノキオが仕事をしていないのか……いずれかだろう。

 確かに、ピーチ姫がさらわれなければマリオシリーズはゲームとしての目的がなくなり、成立しないのも分かるっちゃ分かるが、それにしてもマリオの旅はハードだ。『スーパーマリオブラザーズ3』以降*1は本当に顕著で、厳しい旅が多い。

 ただ、そんな困難な冒険を乗り越えたところで、果たして主人公はお姫様と幸せになれるのか、といえばそれは分からない。この現実世界でだって、運命の人と結婚をしても性格の不一致が後になって発覚して離婚をすることだってあります。バツイチ、バツニ、バツサンと不名誉な称号がつくことになるかも知れない。

そして『Dan The Man』

 今回、ご紹介する約6年前の動画は、ブクマを適当に掘ってたら出て来たのでブログのネタにしてみる。ブクマコメントには「秀逸なオチだな」と書いてあったが、さすがに小学生が中学生になってしまうくらい前のことは覚えていない。久々に観て「確かに秀逸だなぁ」と感心しました。私も感性は変わらないらしい。その点は良かったかな、と思う。

 この動画では、主人公のDan(ダン)が、自宅から出発して姫を救い出すんだけど、その後に大変な受難に遭遇するというもの。うーん、こういうのを観ると女性って恐ろしいとか思ってしまいがちなのだが、別に性格の問題だから、この物語で描かれている姫がとんでもない性格なのだろうということで納得。私もどこかの誰かから男女関係の相談をされることがあるのですが、結構しんどい話を聞きますし、しんどい話をしてたら私までしんどくなります。大抵「別れたらいいんじゃないか」と言って済ますのですが、当然、当人達にとってはそんなに簡単な話ではなく、もっと入り組んだアルゴリズムがあるようで、どうにも私には分からないし、結論が出ないなら出ないで相談をする前にもっと深刻に悩むことが大事だと思う。

 まあ、それはさておき、動画をお楽しみに。

久々に観たらシリーズが増えていた?

 昔、この動画を観た時は、ここに引用した動画しかなかった気がするんだけど。なんか増えたっぽい。ちょっと他のシリーズも徐々に観てこうかなぁ、と思ってます。

 こういう内容でも一発ネタにはならないで、シリーズを作れるってのは才能だなー。スター・ウォーズみたいだ(無責任)。

www.youtube.com

 

 この間、はてなのどこかで見たゼビウスの対談記事が面白かったな。田尻智氏の昔の本を読みたいんだけど、まだKindleで出てないみたいで残念。

田尻 智 ポケモンを創った男 (MF文庫ダ・ヴィンチ)

田尻 智 ポケモンを創った男 (MF文庫ダ・ヴィンチ)

 

 

*1:マリオブラザーズ2』が一番難しいのは知ってるけど、あまりにも難し過ぎて闇歴史なイメージがあるからね。